コルクラボ

コルクラボはコミュニティを実際に作りながら学ぶ、オンラインコミュニティです。「あなたが好きなあなたになる」をキャッチコピーに活動しています。"ドラゴン桜"、"宇宙兄弟"などを手がけた編集者・佐渡島庸平主宰。公式HP:https://lab.corkagency.com/about

コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

「コルクラボのメンバーが書いたコルクラボに関するnote」を集めたゆるーいマガジンです #コルクラボ

すべて見る
  • 1076本

できないことをなくそうとしてくれる仕事人に感謝を込めて

突然ですが、わたしは大学生の頃、ケーキ屋のアルバイトをクビになったことがあります。理由は不器用すぎて、ケーキを壊しまくって店に損害を与える存在だったからです。不器用すぎてバイトをクビになる人なんているのでしょうか。ってわたしが経験したんだからいるわ。 だけど、とある日そのケーキ屋さんを訪れてみたらオペレーションが変わっていたのです。以前はやわらかいケーキをそのままスコップにのせて運ぶやり方だったのですが、全てのケーキがカップに入ったまま、取り出せるようになっていました。たぶ

スキ
2

バブルがはじけて日本が失ったイノセンス

この記事を読んで気づいたことがある。 スコセッシの『エイジ・オブ・イノセンス』とかコッポラの『アウトサイダー』のような80年代に撮られた青春映画が好きなんだけど、自分でもうまく言語化できずにいた。『セント・エルモス・ファイアー』のようなベタなものも大好きで、自分でも不思議に思っていた。 川添さんのインタビューを読んで、僕は多分「失われたイノセントな時代」という要素が入っている作品のもつ「ノスタルジア」に感情を動かされているんだなと気付かされた。前述した作品にも入っているし

スキ
3

発信を磨く大切さを知った日

前回の、「インターネットの書き込みをみて傷つきました」という話の続き。 「傷つきました」だけではなく、学びもあった。 1つは、関係性の有無によって、言葉の伝わり方は全く違うということだ。 前職のスラック、DMでわたしの悪口を堂々と書いているところをたまたまとあるひとの後ろの席から見えて、発見したことがある笑。でもなんとも思わなかった。興味ないから。 勝手だけどつながりと、友愛と、安心を求めていたから傷ついた。 ただわたし自身、そのネットに書き込む人がどういった人なの

スキ
8

ちぇりまほの「好きになってごめん」の破壊力にやられた

「好きになってごめん。」 PC画面を前に衝撃を受けた。このセリフって、こんなに切ないものだっけか。 ドラマで一度は聞いたことがあって、もしかしたら、恋した人間なら一度は脳裏をよぎる言葉で、失礼だけど「お決まりの」台詞だと、思っていたのに。 でも、今日初めて、こんなに悲しいセリフだったのかと胸が締め付けられられた。すごいよちぇりまほ。 これは、私が「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(チェリまほ)」のドラマを見た感想である。 結論から言うと、凄い良かった。なんか最高にお

スキ
11

コルクラボの部活とプロジェクト

コルクラボの部活とプロジェクトの活動内容や楽しみ方を紹介するマガジンです。

すべて見る
  • 2本

“悩み事”は、マフィアのごちそう!?成長しあう部活

コルクラボでは2019年に『BOOK LAB TOKYO』(現在はオンライン店舗のみ)で、”コルクラボ選書棚”を設置させてもらったことがある。 そのとき、カディが紹介した1冊の本が、部活発足のきっかけとなった。紹介したのは『学習する組織――システム思考で未来を創造する』(ピーター・ M・ センゲ著)である。部活の名前にもなっていて、教科書、指南書、血の掟として掲げられている1冊だ。 カディは次のように紹介する。 社会人のスタートに読むべき最重要経営書。組織で学習し、その

スキ
20

総研はコルクラボがどうあるべきかを長い目で見て話す場所

コルクラボには、運営チームが役割ごとに分けられています。そのうちのひとつである「総研」はアクセス解析を基にした定量分析や定性分析をもとに、ラボ内外への施策を考えるチーム。コルクラボ総合研究所を略し「ラボ総研」「総研」と呼ばれています。(以下、「総研」) 「分析」と聞くと、真面目で堅いイメージが連想されます。しかし、総研の主要メンバーであるかのとこもによると「総研のミーティングは、コルクラボについてとことん話す2時間」「コルクラボ大好きっ子さんたちの集まり」とのこと。 しか

スキ
13

コルクラボクルー会

コルクラボの定例会である「クルー会」のイベントレポートをまとめました。読めばコルクラボの雰囲気を感じられるはず!

すべて見る
  • 28本

喜怒哀楽ワークショップをやってみよう。~クルー会《3月編①》~

3月24日(水)にコルクラボクルー会(※)が開催されました。毎月発行の「クルー会レポート」では当日の様子をダイジェストでお伝えしています。 今回は、3月のクルー会のメインコンテンツだった“喜怒哀楽ワークショップ”について。書き手はみなみです。 ※クルー会とは? オンラインコミュニティ、コルクラボの月2回の定例会のひとつ。第2週目開催は「ゲスト会」、第4週目開催は「クルー会」と呼ばれています。 クルー会では、メンバーがコルクラボの活動として進めているプロジェクトの発表や報告

スキ
5

運営メンバーは場面ごとに変わっていくと良い~クルー会《2月編②定例会の歴史&誕生日本》~

2月24日(水)にコルクラボクルー会(※)が開催されました。毎月発行の「クルー会レポート」では当日の様子をダイジェストでお伝えしています。 今回の内容は、定例会の歴史&誕生日本について。書き手はありぺいです。 パート1(アイスブレイク編)もぜひ読んでくださいね。 ※クルー会とは? オンラインコミュニティ、コルクラボの月2回の定例会のひとつ。第2週目開催は「ゲスト会」、第4週目開催は「クルー会」と呼ばれています。 クルー会では、メンバーがコルクラボの活動として進めているプ

スキ
3

アイスブレイクを体験し、その意義を考えよう~クルー会《2月編①アイスブレイク編》~

2月24日(水)にコルクラボクルー会(※)が開催されました。毎月発行の「クルー会レポート」では当日の様子をダイジェストでお伝えしています。 今回の内容は、アイスブレイクについて。書き手はありぺいです。 パート1(定例会の歴史&誕生日本編)もぜひ読んでくださいね。 ※クルー会とは? オンラインコミュニティ、コルクラボの月2回の定例会のひとつ。第2週目開催は「ゲスト会」、第4週目開催は「クルー会」と呼ばれています。 クルー会では、メンバーがコルクラボの活動として進めているプ

スキ
5

馴染み始めたタイミングで、新しいメンバーを迎え入れる~クルー会《1月編②10期振り返り・新歓PJ・誕生日本》~

1月27日(水)にコルクラボクルー会(※)が開催されました。毎月発行の「クルー会レポート」では当日の様子をダイジェストでお伝えしています。 今回の内容は、10期振り返り・11期新歓プロジェクト・誕生日本について。書き手はありぺいです。 パート1(部活とプロジェクト編)もぜひ読んでくださいね。 ※クルー会とは? オンラインコミュニティ、コルクラボの月2回の定例会のひとつ。第2週目開催は「ゲスト会」、第4週目開催は「クルー会」と呼ばれています。 クルー会では、メンバーがコル

スキ
2

私のラボの歩き方

コルクラボメンバーたちが、コルクラボの楽しみ方をお伝えするマガジンです。

すべて見る
  • 4本

富山で暮らす私が、コルクラボで仕掛ける側へ飛び込んだ結果、自分の好きに気づいた話

私にとって「あなたが好きなあなたになる」は、「誰かのための何かをするってこと」だった。加わった当初は迷いながら進んだコルクラボ。1年ちょっと経過して、自分なりの歩き方が見えてきた。 目的は違っても、互いの違いを理解し合い、否定せずに対話を重ねる文化と、自ら動いてこそ得られるものがここにはたくさんあるとわかった。 メンバーが自ら運営するコミュニティで学んだことや、地方在住メンバーとして感じた、コルクラボに根付く文化について少しだけご紹介します。 コルクラボは、2020年8月

スキ
39

地方コンプレックスを感じないコルクラボは、刺激と安心がある場所

「入会前、山口に住んどる自分が東京での活動がメインのコミュニティに参加して楽しめるのかはわからんかった。」と話すのは、コルクラボ歴1年の北村侑子さん。通称、うっちゃん。山口でバナナジュース専門店「バナナチカ」を経営している彼女は、キュートな変顔と山口弁とバナナがシンボル。 「今は普段の仕事では出会えん人との出会いや、イベントへの参加ができることがおもしろい。山口におるからいろいろ不安になったりするんかなぁって思いよったけど、東京におっても、同じように不安を感じとる人がおるん

スキ
32

退会した1年後に、再入会。かつては非日常に感じていたコルクラボが毎日誰かと話すほど生活の一部になった

「コルクラボが生活の一部になっている」と語るのは、西表島に住むよだけんいちさん(ねこぜん)。コルクラボでは、自分の意思で自分の言葉で話せる人にやっと会えたと感じた! と嬉しそうな顔をしていました。自分の考えはいつも「仮定」であって絶対ではないと考え、コルクラボでの楽しみ方を探し続けているようです。 コルクラボの広報担当・ありぺいです。 コルクラボは、2020年8月15日(土)から10期生を一般募集します。一般募集に先立ち、地方・海外在住の方向けに8月6日(木)~14日(金)

スキ
46

福岡で暮らしながら、0歳の娘と参加するコルクラボ。2年つづけられたのは、価値観や感性でつながる友だちと出会えたから

「距離や時間の制約があっても、コルクラボの楽しみ方はもっと広がる」と弾けるような笑顔で語るのは、福岡在住、コルクラボ歴2年の小野 亜矢子さん。 今年1月に第1子を出産した後も「今どうしたい?」「何ができる?」と自分に問いかける姿勢と、そんな自分を見守ってくれる「友だち」とのつながりを大切にしながら、コルクラボの活動を続けています。そんな彼女を、多くのコルクラボメンバーたちが応援しています。 はじめまして、コルクラボの広報担当・池田きゅうたろうです。 コルクラボは、2020

スキ
61

コルクラボマンガ専科

コルクラボ専科 マンガ家コースにまつわるnoteをまとめていきます! https://school.corkagency.com/

すべて見る
  • 1本

コルクラボマンガ専科 第一期①「いま、マンガ家を目指す君へ」

コルクラボ専科マンガコース(通称 コルクラボマンガ専科)は、サディことコルクの佐渡島庸平さんが立ち上げた、プロのマンガ家を本気で目指す人たちが学ぶ場所です。参加者は「表現力」「技術」「マンガ家としていきていくための知識」を、約6ヶ月をかけて習得します。 2019年3月7日、一期生50人が初めて集合しました。このnoteでは、初回講座で得た学びを、ライターチームの きゅうたろう の目線で一部ご紹介します。 ◇◇◇ 1. 「知らないの壁」を超えよう「そんなこと知ってるよ」

スキ
48