マガジンのカバー画像

コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

1,094
「コルクラボのメンバーが書いたコルクラボに関するnote」を集めたゆるーいマガジンです #コルクラボ
運営しているクリエイター

2020年6月の記事一覧

[CORK Lab GARDEN]を作ってみた

コルクラボの人たちはけっこうnoteをやっていて、それぞれ自分のアカウントでいろんなことを発…

押せない営業のへっぽこライフ 恋愛でも活きた営業での考え方とは

こんばんは!みよよです。「押せない営業のへっぽこライフ」というタイトルで、営業向いてない…

みよよ
2年前

ぐうたらな自分を受け入れる

こんにちは。みよよだよ。今日は日々のつれづれのnoteを書きます。 突然ですが、転職すること…

みよよ
2年前

染み出た「好き」から聖なる一歩を踏み出す〜コルクラボクルー会レポート《5月編③投…

これは5月27日(水)のコルクラボクルー会のダイジェストです。パート1と2は既にリリースされ…

仕事の始めたては、恋愛の始めたてと同じ失敗をする

中学生の頃。 恋人に対して少しでも嫌な気持ちを抱くと、秒で別れていた。 他の男子と話した・…

すなふ
2年前

【少しお休み宣言】毎日書く(つぶやく)習慣を、しばらくお休みします。約1ヶ月くらいは続いたのですが、ここにきて、時間をかけたい、かけなければいけないことが別で増えてきました。それらが落ち着かないことには、書く動機が生まれにくい状況が続いています(言い訳)。また再開するつもりです。

自由は楽しくも難しくもある。~コルクラボクルー会レポート《5月編②合宿振り返り》~

コルクラボの活動への関わり方は自由です。部活、定例会、運営などの動きを見ながら、自分の居心地の良い過ごし方を探していくことになります。 活動の自由さは大きなプロジェクトでも同じ。コルクラボ内外の人を巻き込んで開催した文化祭、コルクラボのメンバーが居心地について考え本にまとめた『居心地の一丁目一番地』(通称:ラボ本)の製作、どれもラボのメンバーが関わってつくられたものです。 自由に参加できるのは、仕事とは違ったものにチャレンジできたりする楽しさがある一方で、プロジェクトを取

スキ
7

関わり方の多様性が「ラボっぽい」〜コルクラボクルー会レポート《5月編①スタートか…

コルクラボでは「あなたが好きなあなたになる」という理念をベースに、メンバーそれぞれが開か…

一つのことに没頭しすぎたり普段やらないことをやったりすると、毎日継続的にやっていたことが意識から遠のいてしまうことがある。昨日一昨日がそんな感じで、ほぼ毎日続けていたnoteのつぶやきも、ホットサンド作りも後回しになっていた。時々たのしくなったり、つまらなくなったりするマイ習慣。

押せない営業のへっぽこライフ あなたの「営業」の定義は何ですか?

こんばんは!みよよです。「押せない営業のへっぽこライフ」というタイトルで、営業向いてない…

みよよ
2年前

たくさんの雨
濡れる靴
湿るマスク
気づいたら、紫陽花

いろいろ試してみて分かること。親戚から手作りの布マスクをもらった。試しにつけてカフェで打ち合わせ。外の暑さでマスクきついかなぁと思っていたが、案外今回つけたマスクは涼しかった。カフェオレを飲むためにマスクの付け外しをして話すのも、案外少し意識すると慣れてできるようになるもんだ。

雨がしんしん
騒がしい道路から
すりぬけてくる
6時を告げる教会の鐘

約5ヶ月ぶりに髭を剃ってみた話。自画自賛に聞こえるかもしれないが、髭があったときよりもない方が若返った気がする。オシャレ以外で、人になめられないために髭を生やす人がいると聞いたことがある。たしかに髭があると年齢がグンとあがるなぁ、と今回生やしてみて思った。髭は威厳の象徴か。

スキ
3