マガジンのカバー画像

コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

1,094
「コルクラボのメンバーが書いたコルクラボに関するnote」を集めたゆるーいマガジンです #コルクラボ
運営しているクリエイター

#マンガ

[CORK Lab GARDEN]を作ってみた

コルクラボの人たちはけっこうnoteをやっていて、それぞれ自分のアカウントでいろんなことを発…

本当に存在したのか?今日?・三行日記

バタバタバタ 仕事を終え、家に帰り、ドラマを見ながらご飯を食べ、寝る 深夜3時 明日も元…

漫画倶楽部を続けていきたい。

「漫画倶楽部」といイベントがあります。なんだよそれ? はい・・・こんな感じです。 漫画を…

Cotenラジオを聞いて『観察力の鍛え方』のことを思い出した

ライターを引き受けてからこんなに「大変なことだったか」と後悔した『観察力の鍛え方』のこと…

角野 信彦
7か月前

嘘の連鎖と村社会『ノイズ』

水の中に一滴のインクを落としてその色素が広がっていくように、地方の寒村に犯罪者が入り込み…

角野 信彦
9か月前

編集の芸術『コンフィデンスマンJP 英雄編』

脚本と編集のアートだと思った。すべてのキャラクターのタイムラインを書き出して整合性を取っ…

角野 信彦
10か月前

キャラが立ってるからユニバースを結合できる『スパイダーマン ノーウェイホーム』

※ネタバレありです 僕はMCUを全部観てないんだが、これには『アベンジャーズ エンドゲーム』で重要な役割を果たしたドクター・ストレンジが出てくる。あと、「マルチバース」という概念で、過去のスパイダーマンたちが倒した敵がまた出てくる。ウィリアム・デフォーが出てきたりしてそれはそれで豪華だなと。 しかしドクター・ストレンジは『ドラえもん』映画におけるタケコプターやどこでもドア、四次元ポケットと同様、オールマイティに何でもできてしまって主人公が切り抜けるべき障害を消し去ってしま

スキ
13

『ホットロード』から『東京卍リベンジャーズ』暴走族とマンガの関係

作品というのは、それが生まれてくる時代に規定される。16世紀の戦国時代を描いても1972年の連…

角野 信彦
11か月前

物語における敵の設定で作家の思想を見つける方法

物語における「対立の作り方」が、その面白さを決めるのではないかと感じている。 アニメでも…

角野 信彦
1年前

『ルックバック』と過去を修正したい映画たち

藤本タツキさんの『ルックバック』を読んだ。『喪の途上にて』のような静かな癒しのある作品で…

角野 信彦
1年前

「描きたい!!を信じる少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方」という本を読んで思ったこと。文章を書くとき、書こうとしている状況のビジュアルを頭の中で想像しながら、言葉にまとめて整理していくと、それなりに説得力のある文章が書けてしまうのではないか、という仮説。

「不安」から出発すると、結局傷つく

最近イラストやマンガを描いています。 子どもの頃に描いていたんだけどいつしか描かなくなっ…

マンガに描いて浄化する話

ひさしぶりのイベント「#漫画倶楽部」 でマンガを描いた。 うちのナナを描いているときは、マ…

ゆき
1年前

【サディ×しーげる マンガ編集者談議】SNS時代の編集者の育て方とは?

マンガは紙で読むよりも、インターネット上で、なんならSNS上で作者の方自らが投稿したものを読む機会がぐんと増えました。 そんな時代の作品づくりや編集者のあり方は、やはり大きく変わっているようです。 今回のお話、私は頭が固いのか「え?そんなのアリ??」となかなか理解できなかった内容や、私自身が苦手とするSNS発信の心得をふんだんにお聞きすることができました。 編集者の方、マンガ家の方にはもちろん、少しでもSNSで発信してみようと思っている方にもぜひお読みいただければと思い

スキ
18