マガジンのカバー画像

コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

1,094
「コルクラボのメンバーが書いたコルクラボに関するnote」を集めたゆるーいマガジンです #コルクラボ
運営しているクリエイター

2021年1月の記事一覧

[CORK Lab GARDEN]を作ってみた

コルクラボの人たちはけっこうnoteをやっていて、それぞれ自分のアカウントでいろんなことを発…

新米CSが業務において気を付けていること

こんばんは。みよよです。今年の書きぞめnoteに「マーケティング」「組織論」「ライティング」…

みよよ
1年前

コンテンツの力、生っぽさとユーモアを添えて。

実体験で感じたものはコンテンツとして強い。 そこには、生っぽさがある。 自分で調べたもの…

かるいはおもい、おもいはかるい 後編

前編はこちら *** 「ごめん、実は今日帰らなきゃ。」 石山は眠りに落ちる直前の香苗に聞…

何に心を打たれているの?

みなさんの好きな歌詞ってなんですか? とっておきの歌詞を思い浮かべてみてください。 ちな…

しゃび
1年前

文章を書くこと、現在と過去との対話。

いざ文章を書こうとすると、筆が止まる。 さぁ、何を書こうかと、Macのキーボードのアルファ…

ありのままの現実とは何か?

ありのままの現実とは何か? ってすごく抽象的なタイトルだけど、この話を書きたいと思ったのにはきっかけがある。 友人にお勧めしてもらい、グザヴィエ・ドラン監督の『わたしはロランス』という映画を観た。 とてもとても美しい映画だった。 空から洗濯物が降り、あり得ないくらいたくさんの枯葉が宙を舞う。 現実では考えられない光景なんだけど、 この映画を観終わって最初に感じたのは、 「この映画は限りなくドキュメンタリーだ」 というものだった。 18世紀後半、トーマス・エジソンの

スキ
2

たまったものを出すと、機嫌がよくなる。〜お通じがいいと、居心地がいい。

最近、機嫌がいい。ぼくも妻も。 機嫌がいいと、その日気持ちよく過ごせる。 そういう気持ち…

人と繋がりたいと離れたい

「寒いね」 「ほんと寒いね」 この時期、会社のエレベーターなんかで同僚と居合わせると必ず…

しゃび
1年前

ムラっ気のある持続性でもいいじゃないか。〜 書いて下書きボタンを押すか、とりあえ…

ほぼ毎日noteを書く、つまり毎日文章を書くということは、ぼくにとっては、めんどうである。そ…

忙しいと暇になる

世の大人は忙しい。 子供もだいたい忙しい。 朝起きて、お仕事に行って、帰ってきて、子供を…

しゃび
1年前

髪を切るために向き合った自己肯定感

年末に髪を切りました。35cmくらい、ばっさりと。 人生で初めて、ショートカットというものに…

さら
1年前

つぶやきnote。間が空いたり連日続いたりと、なんやかんや、長期的に見たら続いている方だ。ある程度続けていると、毎日そんなに書くことあるかと思いきや、そんなにはない。ましてや深い話はそうそうない。深い話であっても、140文字におさまらない。少しの長めの文章に移行してみようかと。

「貯める」という病

こないだ整理収納アドバイザーにお願いして、家の整理収納を見直した。ぼくも妻も片付けが苦手だからだ。 話を聞いているだけですごく楽しい。 収納の理屈は明白で、 ・「面倒くさい」の総量をできる限り減らす。 ・物の目的と必要数量を明確にする。 こんな簡単なことがなんでできないんだろう。 よくある事例を聞いてみると、やはり「捨てられない人」が多いらしい。 「使わないけど大事な物」「もしかしたら使うかもしれない物」が多いそうだ。 そういいえば、おじいちゃんおばあちゃん家に行

スキ
8