コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

801

不条理ばかりの世界での「生き方」を知る1冊『ペスト』の感想

『ペスト』は、不条理に立ち向かう個人の物語だ。不条理の中で自らの生き方を突き通す物語であ…

『ペスト』を読んで感じていること

コロナ禍でヒットしている小説『ペスト』。読んだことがなかったので、これを機に買って読んで…

社会人7年目に身につけたいマネジメントとチームづくりと仮説を学ぶ本

今月から、週1回、火曜か水曜日に更新していこうと思う。たまに2週に1回になるかもしれないけ…

ツンドッカーの本棚とポテンシャル。

おはようございます。うえぽんこと、上田です。 今日は、ツンドッカー(積ん読する人)の本棚…

書けない、書く動機を見失う。結局、書こうと思ったことがあったが、やめて、別のこと…

ほぼ毎日、文章を書くというのは、なかなかつらいものがある。noteを連続3日ぐらい書き続けて…

問いつづける物語-『存在の耐えられない軽さ』

読み終わってから始まる物語がある。 私はミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』と…

2018年に読んだ本

昨年からよく本を読むようになったが、2018年もよく本を読んだので(タイトルだけでも)振り返…

2018年に読んだ170冊とベスト1。

3年ほど前から、Instagramに読書メモを残すようになりました。 だんだんと読むスピードもあが…

一流の偏愛力・・・読書会を通してきづくこと・・・

どうも、まさまさだよ。 コルクラボメンバーのお誘いで、Discoverの読書会に遊びに行ってきた…

誰かの物語を通じて自分の傷と向き合う。 平野啓一郎さん著 『ある男』の読書会にて。

2018年9月28日に発売となった、平野啓一郎さんの新作小説『ある男』。 「自分の中には様々な…