マガジンのカバー画像

コルクラボ ガーデン [CORK Lab GARDEN]

1,094
「コルクラボのメンバーが書いたコルクラボに関するnote」を集めたゆるーいマガジンです #コルクラボ
運営しているクリエイター

2021年5月の記事一覧

[CORK Lab GARDEN]を作ってみた

コルクラボの人たちはけっこうnoteをやっていて、それぞれ自分のアカウントでいろんなことを発…

挑戦の終わりと始まり

明日で5月最終日。わたしは明日で1つの挑戦を終えます。それは他の人の約2.5倍の受注をもらい…

みよよ
1年前

カスタマーサクセスから懐かしのセールスに戻ります

こんばんは、みよよです。6月から心機一転、フィールドセールスの部署に異動します。実は自ら…

みよよ
1年前

夫婦と未練、恋の途中なのかもしれない〜TVドラマ『リコカツ』に毎回涙腺がゆるむ。

TVドラマ『リコカツ』。物語も折り返しにきて、離婚活動=リコカツのピークが、今週ようやくや…

逃げて、泣いて、くらって、笑って、弱さに心うたれて〜TVアニメ『東京リベンジャーズ…

アニメ『東京リベンジャーズ』をためしに観てみたら、一気に物語の世界にひきこまれた。 そし…

最も優秀な人が簡単に失敗する理由『フォッグ・オブ・ウォー』

ベトナム戦争がなぜ起こり、アメリカはなぜ失敗したのかというテーマを、デビット・ハルバース…

角野 信彦
1年前

4月の「100歳医師ドキュメンタリー」製作は、ひたすら「待ち」

2022年3月 完成を目指して、恩人・駿河敬次郎先生(順天堂大学医学部 名誉教授)のドキュメンタリーを作っています。 言葉には、こんなに力があるのか、と体験できたのが、今回の大病の収穫です。 駿河先生と話していると「受けるより与える人は幸い」ということばを思い出します。 駿河先生に「医療の仕事って、奉仕の心がないとできないですよね」と言ったら「本当、そうですよー」とおっしゃいました。八重洲クリニック時代、駿河先生にヒポクラテスの誓いのプレートを見せてもらったことも思い出

スキ
10

34歳未経験者がライタースクールに応募したいと思ったきっかけ-生まれて初めての収入…

こんばんは。みよよです。60歳の老後に叶えたいと思っていた夢が、思ったより先に一歩が踏み出…

みよよ
1年前

失われるはずだった命を消さないために奮闘するひとたちを支えて。

こんばんは。みよよです。今日は参加しているPLANETS Schoolの課題である「自分が仕事で得た…

みよよ
1年前